仕事に役立つ免許 スキルアップに 大型二種免許など

HOME | 仕事に直結する免許など

運転士になるための代表的な免許

 


大型特殊自動車免許とは

工事現場などで活躍するブルドーザー、クレーン車など男性に人気の免許が大型特殊免許となります。また雪国などで活躍する除雪車も大型特殊免許が必要となります。

年齢 ・教習所の修了検定までに、満18歳以上である事。
視力(深視力) ・両眼で0.7以上
・片眼で0.3以上
・深視力検査3回の平均誤差が2cm以下
色彩識別能力 ・赤・青・黄色の識別が出来る事。
聴力 ・日常会話が問題なく聴取できる。10mの距離の警音器音(90デシベル)が聞こえること。
免許経歴 ・なし
大型二種自動車免許とは

皆様が利用する路線バス及び観光バスや学校送迎バスなど営利目的に有効な免許となります。バス運転士を目指す方はこの大型二種免許が必要となります。(乗車定員30人以上)※タクシーを含む
大型二種免許は、大型一種免許、普通一種免許、中型二種免許も運転することができます。

年齢 ・教習所の修了検定までに、満21歳以上である事。
視力(深視力) ・両眼で0.8以上
・片眼で0.5以上
・深視力検査3回の平均誤差が2cm以下
色彩識別能力 ・赤・青・黄色の識別が出来る事。
聴力 ・日常会話が問題なく聴取できる。10mの距離の警音器音(90デシベル)が聞こえること。
免許経歴 ・普通自動車もしくは大型特殊自動車の免許所持期間が通算3年以上である事。
中型二種自動車免許とは

皆様が旅行先などのホテル送迎などに利用する送迎バスなど営利目的に有効な免許となります。運転士を目指す方はこの中型二種免許が必要となります。(乗車定員29人以下)

年齢 ・教習所の修了検定までに、満21歳以上である事。
視力(深視力) ・両眼で0.8以上
・片眼で0.5以上
・深視力検査3回の平均誤差が2cm以下
色彩識別能力 ・赤・青・黄色の識別が出来る事。
聴力 ・日常会話が問題なく聴取できる。10mの距離の警音器音(90デシベル)が聞こえること。
免許経歴 ・普通自動車もしくは大型特殊自動車の免許所持期間が通算3年以上である事。
準中型自動車免許とは

高速道路などで見かける憧れの小型キャンピングカーなどがこれにあてはまります。運転経験がなくても取得可能な免許が準中型自動車免許となります。
※車両総重量3.5t〜7.5t未満、最大積載量2t〜4.5t未満、乗車定員10人未満となります。
 

年齢 ・教習所の修了検定までに、満21歳以上である事。
視力(深視力) ・両眼で0.8以上
・片眼で0.5以上
・深視力検査3回の平均誤差が2cm以下
色彩識別能力 ・赤・青・黄色の識別が出来る事。
聴力 ・日常会話が問題なく聴取できる。10mの距離の警音器音(90デシベル)が聞こえること。
免許経歴 ・なし
普通二種自動車免許とは

皆様が日常使用するタクシーなどがこの普通二種免許が必要となります。地方などで人気の代行運転会社なども普通二種免許が必要となります。

年齢 ・教習所の修了検定までに、満21歳以上である事。
視力(深視力) ・両眼で0.8以上
・片眼で0.5以上
・深視力検査3回の平均誤差が2cm以下
色彩識別能力 ・赤・青・黄色の識別が出来る事。
聴力 ・日常会話が問題なく聴取できる。10mの距離の警音器音(90デシベル)が聞こえること。
免許経歴 ・普通自動車もしくは大型特殊自動車の免許所持期間が通算3年以上である事。
普通自動車免許とは

皆さんが一般的に運転する乗用車免許が普通自動車免許にあたります。
会社など社用車としての交通手段として使用しますがタクシー営業などの使用はできません。

年齢 ・教習所の修了検定までに、満18歳以上である事。
視力(深視力) ・両眼で0.7以上
・片眼で0.3以上
色彩識別能力 ・赤・青・黄色の識別が出来る事。
聴力 ・日常会話が問題なく聴取できる。10mの距離の警音器音(90デシベル)が聞こえること。
免許経歴 ・なし
けん引免許とは

一般的には普通自動車に繋げているキャンピングカーから大型トレーラーなど、自動車(運転側)と荷台が別れている車輌が対象となります。◯牽引一種免許◯牽引二種免許◯限定条件つきけん引免許があります。

年齢 ・教習所の修了検定までに、満18歳以上である事。
視力(深視力) ・両眼で0.8以上
・片眼で0.5以上
色彩識別能力 ・赤・青・黄色の識別が出来る事。
聴力 ・日常会話が問題なく聴取できる。
免許経歴 ・普通自動車もしくは大型特殊自動車の免許を取得している事。
教習所 案内 ドライビングライセンス

ドライビングライセンス