教育訓練給付制度を活用し運転士になる 阪神バスを紹介 転職 就職

HOME | 教育訓練給付制度

バス運転士 案内 阪神バス

プロ運転士を目指す方を応援 教習生を応援 安全マネジメントを活用して交通事故の無い社会的を目指す

教育訓練給付制度を活用し運転士になる

教育訓練給付制度とは

教育訓練給付制度とは、金銭的なバックアップを行い就職・再就職の支援を行うことを目的とする制度です。
バスの運転士やタクシー運転手などこれから再就職を目指す方は必見です。
 

教育訓練給付制度の条件

教育訓練給付制度を活用するには雇用保険に1年以上加入していること

現在、雇用保険に1年以上加入していることが教育訓練給付制度需給の条件となります。現在無職で教育訓練給付制度の需給をお考えの方は離職した日から1年以内であること。前職を含め1年以上雇用保険に加入していたことが条件となります。 教育訓練給付制度利用が2回目以降の方は、雇用保険加入3年以上が条件となります。前回利用から3年以上経過していること。 詳しくは、ご自身の住所を管轄するハローワークに照会してください。
 


その他、民間バス会社の支援制度のご案内

大型二種免許取得支援制度

大型二種免許取得費用(上限30万円)を当社が貸付します。(大型二種免許を未取得の方も受験可能です。採用内定後、入社までに免許を取得いただきます)2年を目処に返済いただき、入社後勤続2年を経過した時点で、ご返済金額と同額を会社から一時金として支給します。  
 

その他、民間バス会社の支援制度のご案内

転居費用補助制度

就職にあたり当社近隣へ転居される場合、転居費用を上限20万円支給いたします。